石のはんこ hanaya

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

# A LITTLE LIBRARY

LITTLE LIBRARY20150322
蔵書票 3cm×5cm

2015年4月5日 
イベント 『 縁側日和 』 に参加いたします。

久喜菖蒲公園にて開催
10時から15時 (雨天決行)

埼玉県内のカフェやお店のおいしいもの、
作家さんによる蚤の市、ワークショップなど開催されます。

新しい絵柄の蔵書票カードや、
シーリングスタンプの判子、
手刷りの紙ものなどなど
制作してお待ちしております。

今回はみなさんにお配りできるよう
一枚ずつ手押しした本のしおりもご用意させていただく予定です。


公園の池のまわりには桜の木も。
ちょうど満開のころではないでしょうか
是非、お花見おさんぽにお立ち寄りいただけたら幸いです。





スポンサーサイト

PageTop

楯をささえている天使

楯をささえている天使
5cm×3cm

「楯を支えている天使」の模刻をしました。

1480年ころ 板目木版 手彩色 ドイツ
現存する世界最古級の蔵書票といわれています。

本物はカラーで、赤、緑、カーキ、紺 色がつかわれています。
ヒルデブラント・ブランデンブルクという僧侶が
ブックハイム修道院に残していたもの とのこと。
実寸はどれくらいなのでしょう…

鼻にリングを通した牛の図柄の楯を持った天使です。

どんな意味があるんだろう。

わからないけど、つくりたくなりました。

石の大きさに入りきらず、仕方なく
少し羽の広がりをおさえました。
なので正確な模刻ではありません。


なんだか本のお守りとして
ページにはさんでおきたい気分です。









PageTop

蔵書票カード

蔵書票(EX-LIBRIS)CARD のご紹介

蔵書票カード

「本のプレゼント専用」のメッセージカードを制作しました。
カードと封筒のセットで説明書きを同封しています。

物語の挿絵を意識して、ひとつずつに題をつけています。
表と裏とすべて手押しです。


[説明書き]

 蔵書票 EX-RIBRIS(エクス・リブリス)とは
 「だれそれの蔵書からの一冊」を意味するラテン語で、
 本の所有者を示す小紙片のことです。
 本が非常に貴重であった時代、15世紀ヨーロッパに起源が
 あるといわれています。
 本の見返し部分(表紙の裏側)に貼って、
 「これは自分の本です」と証します。

 (使い方)
 1.裏側にメッセージを記入します。
 2.表側の図柄によって、お相手の名前やプレゼントする日にちなどを記入します。
 3.カードを封筒に入れて、本と一緒にプレゼントします。
   説明書きを同封いただいてもOK◎
 4.本を受け取ったらメッセージを読んで、
   本の見返しに貼りましょう。


 大切な方からのメッセージとともに、
   本が大事に読み親しまれますように・・・



 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。