石のはんこ hanaya

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フクロウの蔵書票

星空の研究者
「星空の研究者」蔵書票 5cm×3cm


西洋のエクスリブリスの絵柄の中で、特に注目される動物が「フクロウ」です。

明治33年、エミール・オルリックが日本の一般人にはじめて紹介した蔵書票にも描かれていました。
フクロウはもともと、古代ギリシャ時代 守護神である女神アテネの従者とされ、
知性と学芸とを象徴する鳥でした。

書物に関係深い学芸の神として、蔵書票の絵柄に登場することとなったのです。

今日もなお、フクロウが題材の蔵書票は世界的に愛好されています。

(参考:『蔵書票の魅力』樋田直人著 /丸善ライブラリー)



新丸子 Common Lifeさんへ納品しました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。